ホワイトニング・矯正歯科/のりば食堂前の歯医者/土曜診療/おおはま歯科医院

おおはま歯科医院

どうぞお気軽にお問い合わせください
ご予約
専用
050-5272-6417
お問合せ
0980-83-6480

[月~土] 9:00~11:45 / 14:00~17:00
[休診日] 日・祝

アクセス

【所在地】
〒907-0004 沖縄県石垣市登野城655-8

土曜診療/国道390号線沿い ・のりば食堂前

診療について

受付時間 
 [月~土]
   9:00~11:45
 14:00~17:00
休診日
日・祝

小児歯科

当院の小児歯科について

小児歯科画像

お子様の歯の重要性

乳歯は、成長するにつれ永久歯に生え替わるためにいずれ抜けていきます。

しかし、だからと言って決して乳歯の虫歯をそのままにしていいわけではありません

将来の永久歯において、幼児期の歯の処置は大きな影響を与えます。

当院ではお子様の将来の歯を守るため、小児歯科に注力しています。

乳菌の特徴

乳歯は歯のエナメル質や象牙質が薄いため、永久歯と比べ虫歯になりやすく、またその進行も永久歯に比べて早いのが特徴です。
さらに、乳歯は永久歯よりも歯の中にある歯随(歯の神経) の占める割合が大きいため、虫歯になると歯随を傷めてしまう可能性が永久歯と比べて高くなります。

ご家庭でのこまめなケアと、歯科医院での定期的な検診を心がけましょう

乳菌の生える時期について

お母さんのお腹の中にいるときから歯は形成され、すべての乳歯の芽(歯胚)は妊娠2~3ヶ月になるとすでに生えてきます。
生まれてから生後6ヶ月頃から乳歯は生え始め、3歳頃までには全部で20本ほぼ生え揃います。
個人差があるので、すべてこの時期に生え揃わなくても心配する必要はありません。
その後、4~6ヶ月で乳歯は石灰化し始めます。
顎の骨もお子様が成長するにつれて変化し、乳歯も永久歯へと生え替わっていきます。

ご存知ですか? ~6歳臼歯~

小児歯科画像

「6歳臼歯」とは、6歳頃になるとアゴの一番奥から生えてくる永久歯のことです。

大きさは永久歯の中で1番であり、咬む力も他の歯と比べて強いのが特徴です。

6歳臼歯は乳歯の奥に生えてきますので、溝が深くブラッシングが不十分となり、物が溜まりやすい、といったことが起こり虫歯になりやすい歯とされていますが、他の永久歯のように歯が抜けたところから生えてくるわけではないので、親御さんが気づかないことが多いです。

歯科医院へ定期的に通い、検査をしっかり受け、6歳臼歯を虫歯にしないようにしましょう
ぜひお気軽にお子様とお越しください。

お子様を虫歯から守るために

小児歯科画像

フッ素塗布

「フッ素塗布」とは虫歯を予防する方法のひとつです。

フッ素には虫歯の原因である酸によって歯が溶けるのを防ぐため、歯の表面のエナメル質を強くする効果があります。
また、フッ素は柔らかくなりかけているエナメル質を酸で再び硬くする「再石灰化」という作用もあり、虫歯の予防に大きな役割を果たします。

シーラント

歯ブラシでは届かない奥歯の溝をシーラント(歯の溝を埋める樹脂)を使用して塞ぐことにより、お子様の歯を虫歯にならないようにします。
事前に虫歯を回避するため、虫歯のない奥歯の溝を塞ぎ予防することができます。

歯並びの重要性

お子様の歯並びは、虫歯の予防とともに将来大きく影響してきます。
虫歯になりやすくなったり、歯周病にかかりやすい口内環境を作ってしまう原因として歯並びの悪さが挙げられます。
成長期のお子様が小さい頃から歯並びを整えていきましょう。



おおはま歯科医院に お気軽にご相談ください。

ご予約
専用
050-5272-6417
お問合せ
0980-83-6480

〒907-0004 沖縄県石垣市登野城655-8

土曜診療/国道390号線沿い ・のりば食堂前


受付時間
 9:00~11:45
14:00~17:00

   [休診日]   日・祝

PAGE TOP